テレワーク・リモートワークの椅子は個人でレンタルできる!エルゴヒューマン・アーロンチェアまで

テレワーク・リモートワークの椅子は個人でレンタルできるのイメージ画像

家にある椅子がテレワークに向かない・・・

こんなお悩みを解決します。

テレワーク自体には慣れてきたけれど、自宅の家具での仕事に疲れを感じ始めていませんか?

私もその一人です。
私の場合、インテリアが一番の趣味なので、自宅でのテレワーク自体はむしろ大歓迎。

でも椅子が仕事用ではないので、オフィスチェアが欲しい・・・


なので、前々から気になっていた個人向け家具のレンタル(サブスク)を調べてみました。調べたのは「airRoom」「subsclife」「CLAS」の3サービスです。

以降では、この有名どころ3サービスを比較しています。

テレワークでお疲れの貴方、そしてちょっとイイ椅子で仕事をしていみたい方のお役に立てれば嬉しいです。

オフィスチェアもあり|一般人向けの家具レンタルサービス(サブスク)3選

それでは早速、各サービスの特徴、オフィスチェアレンタル料、利用者の声などをご紹介していきます。

家具レンタルサービス① CLAS|クラス

 


商品の途中交換が可能なのが特長の家具レンタルサービス。

また、家具のラインナップは、3サービスの中で最も様々なデザインテイストに対応している印象。

余談ですが、CLASは、ついつい見てしまう「バチェラー・ジャパン」の初代バチェラーが立ち上げたサービスです。

オフィスチェアのラインナップは18種類

アーロンチェア
参照元:https://clas.style/465

【 オフィスチェアレンタル価格 】

  880円 / 月
  990円 / 月
  1,100円 / 月
  1,320円 / 月
  1,650円 / 月
  2,750円 / 月
  3,300円 / 月
  3,630円 / 月
  4,400円 / 月
  14,850円 / 月

という幅広いラインナップ。
(2020年7月1日現在)


そして、CLASではハーマンミラー社のアーロンチェアをレンタルできます。

イス好きなら一度はアーロンチェアでじっくり仕事をしてみたいですよね。

そんな夢をレンタルで実現してみるのもアリな選択です。
 

CLAS公式サイトはこちら

CLAS利用者の声

家具レンタルサービス② subsclife|サブスクライフ

 


サブスクライフは、人気ブランドのおしゃれな家具をレンタルできます。

journal standard Furnitureや、私も好きなACME Furnitureの家具がラインナップ。
こだわりの家具をレンタルしたい方におすすめです。

リモートワーク用の商品をまとめたページもあって親切ですね。

オフィスチェアのラインナップは14種類

エルゴヒューマンのチェア
参照元:https://subsclife.com/s/g/gSKG00034BLKP24/

手軽にレンタルできるカジュアルなオフィスチェアから、憧れのエルゴヒューマン高級オフィスチェアもレンタルできます!
 
 

レンタル費用はレンタル期間によって変わるので、下のバナーから公式サイトをご確認いただくのが最も近道です。

subsclife公式サイトはこちら

subsclife利用者の声

家具レンタルサービス③ airRoom|エアルーム

 


価格や家具のラインナップを見てみると、3つサービスの中で最も「気軽に」レンタル利用したくなるサービス。

また、最短1ヶ月間からレンタルできるのがairRoomの特徴ですね。

オフィスチェアのラインナップは10種類

参照元:https://air-room.jp/furnitures/519

【 オフィスチェアレンタル価格 】

  ¥1,100 / 月
  ¥1,155 / 月
  ¥1,650 / 月
  ¥2,420 / 月
  ¥2,816 / 月
  ¥3,051 / 月


というラインナップ。
(2020年7月1日現在)

airRoom利用者の声

あの大塚家具と提携!

家具レンタル(サブスク)3社、押さえておきたいサービス内容比較

airRoom
(エアールーム)
家具・家電の
サブスクはsubsclife
家具・家電レンタル
「CLAS」
初期費用なしなしなし
最短レンタル期間1ヶ月3ヶ月3ヶ月
契約中の商品交換××
購入の可否×
既存家具引き取り◯(条件付き)×◯(条件付き)
通常利用での汚損不明追加費用なし追加費用なし
各社Q&AQ&AページQ&AページQ&Aページ

ちなみに、サブスク家具のスタッフの方のツイート↓によると、コロナの影響で「供給減&需要増」とのこと。

テレワーク時代の家具レンタルサービス まとめ

私を含め、今後もテレワークが続く方も多いはず。だから快適なテレワーク環境をできるだけ早く構築したいところです。でも家具は一度購入してしまうと、手放すのも結構大変。。。

ですから、快適なテレワーク環境を「買わずに揃える」と言う選択肢も充分にアリですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました